●日本セラミックス協会ホームページ
ビルや一般住宅に使用されている建材製品の数は非常に多く、その材質も窯業系、ガラス、セラミックス、金属と多岐に及びます。外壁に使用されるものは、美観と耐久性を重視して作られており、それらを総合して創り上げられた意匠性も、建築物を印象付ける上で非常に重要です。また内装材に関しても耐火、断熱、調湿など安全・快適に過ごすための機能性を担っています。この項目では、よく目にするビルや一般住宅に使用されている建材製品やガラス製品の一部を取り上げ、2項目に分けて紹介します。



※写真をクリックすると、さらに詳しい説明がご覧いただけます。

1mm程度の穴が無数にあいている、水に浮くコンクリート。建物の壁、床、間仕切りに使われている。
ALC(軽量気泡コンクリート)
2008年2月掲載
せっこうの両面を厚紙で覆った燃えにくい板。住宅の壁に使われている。
せっこうボード
2008年2月掲載
湿気を調節してすごしやすい部屋を作る建物の材料
機能性建材(調湿等)
2008年2月掲載
きれいな飾りの壁。燃えない、熱や音を伝えにくい壁。
PCaカーテンウォール
2008年2月掲載
ガラス製の窓枠。ガラス張りの建物ができる。
ガラス製カーテンウォール
2008年2月掲載
超高層ビルなどに用いられる、耐久性やデザイン性に優れた金属の窓枠。
金属製カーテンウォール
2008年2月掲載
Copyright (c) by CerSJ