●日本セラミックス協会ホームページ
古くから生活・日用品に使用されているセラミック製品は、セラミックスのもつ熱的特性、主に耐熱機能を利用していて、その製品種類が限られていました。しかしながら、近年、熱的特性以外の特徴を使用したセラミックス製品が、日用品としても広く使用され、世の中に根付き始めています。この項目では装飾品やスポーツなどの分野で適用されている製品について紹介します。



※写真をクリックすると、さらに詳しい説明がご覧いただけます。

セラミックスには、アルミナ・ジルコニア・サーメット等の素材があり時計ケースやバンドの製造が可能である
装飾用セラミックス
時計ケース、バンド
2009年7月掲載
地中で発見される鉱物及び結晶を正確に再現して、天然の宝石と同一の化学組成・構造を有した人工宝石
人工宝石
2009年7月掲載
眼鏡レンズは反射防止、耐擦傷性などを目的に表面処理が施されている。日本ではARコートが一般的である
眼鏡レンズ(ARコート)
2009年7月掲載
スポーツ用品において炭素繊維が単独でつかわれることはほとんど無く、炭素繊維をエポキシ樹脂等で固めた炭素繊維強化プラスチックが使用される
ゴルフクラブ、テニス・
バドミントンラケット
2009年7月掲載
   
Copyright (c) by CerSJ