●日本セラミックス協会ホームページ
住 宅 / 水栓金具 PDFアイコンさらに詳しい解説記事を読む
(PDFセラミックス誌2008年5月号掲載記事)
台所、お風呂、洗面所にある一本のレバーで操作できる水栓に使われる部品。セラミックスのディスク。穴が開いていて、穴の位置をずらして、水やお湯を出したりとめたりする。
台所、浴室、洗面所にある水栓金具には片手で操作できるシングルレバー混合栓が広く用いられている。ハンドルを上下することで吐水、止水し左右に動かすことで湯と水の混合比を調整し適温にする。この吐水、止水、混合する機構には2〜3枚のセラミックディスクが用いられている。セラミックスは硬く、磨耗しにくく、錆びず、加工すると平滑になるのでこのような使い方に最も適している。セラミックディスクは大きさΦ20〜Φ40mm、厚み3〜10mmの穴のあいた形状で、レバーでこの穴の位置をずらすことで吐水、止水、湯水混合をする。セラミックディスクは粉末プレス成形で大量生産されており、焼結後、表面をラッピング加工して平滑にする。近年はハンドル操作性の向上やコンパクト化が進んできており、セラミックディスクへも摺動性の向上、高精度化が求められている。





製品の使用用途 シングルレバー混合栓
見学可能な博物館など TOTO 歴史資料館(093-951-2534)
ノリタケの森 森村・大倉記念館(052-561-7231)
Key-word セラミックディスク,セラミックバルブ,アルミナ
市場に出回った年代 1981年〜現在
*現在とは記事作成時(2008年5月時点での情報です)
Copyright (c) by CerSJ