●日本セラミックス協会ホームページ
機械部品と素材加工 / セラミックス切削工具 PDFアイコンさらに詳しい解説記事を読む
(PDFセラミックス誌2008年8月号掲載記事)
機械の部品を切ったり削ったりする加工では硬いセラミックスの工具が使われる。丈夫で長持ち、短い時間で加工ができる。
機械構造用部品の加工では切削が広く行われる。セラミックスは一般に高温硬度が高く、金属との高温反応性が悪く、靱性が低いため、セラミックス切削工具の用途は高速、小切り込み、低送り切削に好適とされ、加工時間の短縮と低廉価が特徴である。材料としては、アルミナ基に炭化チタンもしくは窒化チタンを混合したアルミナ系、窒化ケイ素、立方晶型窒化ホウ素基の窒化物系、ダイヤモンド系に三分される。



製品の使用用途 旋削および転削も含む機械加工用の切削工具
見学可能な博物館など ノリタケの森 愛知県名古屋市
http://www.noritake.co.jp
JFCC 展示室 愛知県名古屋市
http://jfcc.or.jp
Key-word アルミナセラミック,窒化珪素,サイアロン,切削工具
市場に出回った年代 1953年〜現在
*現在とは記事作成時(2008年8月時点での情報です)
Copyright (c) by CerSJ