●日本セラミックス協会ホームページ
機械部品と素材加工 / ビトリファイド研削砥石 PDFアイコンさらに詳しい解説記事を読む
(PDFセラミックス誌2008年8月号掲載記事)
と粒とガラス質を焼き固めた砥石。
研削加工は高速で回転している砥石を用いて、加工物を細かく削り取ってゆく精密加工法の一つです。代表的な砥石の一つにビトリファイド研削砥石が挙げられます。このビトリファイド研削砥石は切れ刃となる砥粒とガラス質や磁器質の結合剤を混合して高温(約1300℃)焼成した一種のセラミックスです。主として、自動車や航空機、船舶のエンジン部品やエアコン、冷蔵庫のコンプレッサ部品など、あらゆる産業分野における精密部品加工に使用されています。




製品の使用用途 自動車・航空機・船舶などの乗物やエアコン・冷蔵庫などの
家電製品の部品研削加工
見学可能な博物館など ノリタケの森(愛知県名古屋市)
Key-word 研削砥石,ビトリファイド研削砥石,砥粒,結合剤,
気孔,ビトリファイドCBNホイール
市場に出回った年代 19世紀末〜現在
*現在とは記事作成時(2008年8月時点での情報です)
Copyright (c) by CerSJ